時生梵のだらだら人生開幕

上手い具合に生きれなくてヒィヒィしながら頑張っております。主に音楽と映画を糧に生きとります。

「名探偵ピカチュウ」んめ~ちゃくちゃ楽しかった

ゲームヘッタクソなので憧れのポケモンマスターにはなれなかった梵です。

 

ここ最近ツイッターで「名探偵ピカチュウ」についてのツイートをやたらと見たので、よっしゃ流行りに乗って見に行ったろ!!と思い、意気揚々と見に行きました。

 

 

meitantei-pikachu.jp

 

あらすじ

 

かつてポケモンのことが大好きな少年だったティムジャスティス・スミス)は、ポケモンに関する事件の捜査で忙しく、家に戻らなかった父親・ハリーポケモンを、遠ざけるようになってしまった。

 

それから年月が経ち、大人になったティムのもとにある日、ハリーと同僚だったというヨシダ警部補渡辺謙)から電話がかかってくる。

 

お父さんが事故で亡くなった―」。

 

複雑な思いを胸に残したまま、ティムは人間とポケモンが共存する街・ライムシティへと向かう。

荷物を整理するため、ハリーの部屋へと向かったティムが出会ったのは、自分にしか聞こえない人間の言葉を話す、名探偵ピカチュウライアン・レイノルズ)だった。

かつてハリーの相棒だったという名探偵ピカチュウは、事故の衝撃で記憶を失っていたが、一つだけ確信をもっていることがあった……。

 

ハリーはまだ生きている」。

 

ハリーは何故、姿を消したのか? ライムシティで起こる事件の謎とは? ふたりの新コンビが今、大事件に立ち向かう!

 

こちらはゲーム「名探偵ピカチュウ」が原作になっている作品なんですね!

初めてビジュアルを見た時、ピカチュウコダック等お馴染みのポケモン達がふわ…もふ…としていたので、そういう感じなんだ!?とちょっと意外に思っていました。

 

感想

 

可愛い…癒される…面白い…ちょっとウルっとくる…!!

 

ポケモンにドハマりしていたのがはるか昔の出来事なので、基礎知識さえあやふやな状態で見に行ったわけですが、全然関係なく楽しむことができましたー!!

 

ゼニガメヒトカゲフシギダネ等の初期の時代からいるポケモンも沢山出てくるし、なんだこいつは…というババアの私にはもう分からないポケモンも沢山登場していて、もー可愛くてかっこよくて癒されて楽しくてはしゃいでしまいました!!

そしてわたしく、幼少期「ミュウツーの逆襲」をビデオのテープが擦り切れる程見ていたので、ミュウツー様が相変わらず麗しくてウットリしてしまいました…。

名探偵ピカチュウミュウツー様もとってもかっこよくていらっしゃる〜…。

 

話の内容もとっても面白くて、ピカチュウコダックの繰り広げるやりとりに思わず笑ってしまったり、ティムとピカチュウの絆に涙ぐんでしまったり、ポケモン達のかっこいい戦いに興奮したり、最初から終わりまでずーっと楽しかったです!

 

そんな可愛いポケモン達に癒され、家帰ってから早速ポケモン描くぞ〜!!と張り切って描いたのですが、こんな出来に。

f:id:tokiobon:20190527152944j:image

なーんか可愛さが伝わんね…。

f:id:tokiobon:20190527153007j:image

プリンめっちゃ…怖…。メンヘラっぽ…。

 

プリンのモーションキャプチャーは、スーパーマンを演じたヘンリー・カヴィルさんなんですよね。

あの歩く彫像と噂の美丈夫、カヴィルさんがプリン…!?とワクワクしていたので、ほんの一瞬でしたがプリンが出てきた時凝視しました。言われてみるとだんだんプリンがカヴィルさんに見えてくる…。

 

そんなカヴィルさんに加え、ピカチュウモーションキャプチャーライアン・レイノルズさんや、面白かっこいいビル・ナイおじさん等、洋画好きの人々には大好物の俳優陣も出演されていますので、見所が沢山でとっても素敵な作品となっております!

 

最終的に私が思ったことはひとつ。

 

 

ライアン・レイノルズさんのファンは見に行った方がいいです!!

 

 

最後の方でライアン・レイノルズさんがピカチュウを演じるのに意味があったんだ〜!と思えるシーンがあるので!是非見に行って欲しいな~と思いました。

 

いや~っぱ映画って楽しいっすね!